第1回ポップアップテーブルワークショップ@杖立温泉会館、開催リポート

記念すべき第1回小国杉ポップアップテーブル(テスト)ワークショップを、小国町・杖立温泉会館にて開催しました。
 
  
まずはやってみようのテスト回ということで、テーブルのデザイナーである三木佐藤アーキのお2人、プロデューサーの地域科学研究所Public+チーム、小国町森林組合、児玉製材などの関係者を中心に集合。
 
 
小国町で木の仕事、地域づくりの仕事をしている人などの有志にも協力してもらい、4台のテーブル作りに挑戦です。
 
 
デザイナー佐藤さんの指導の下、みんなで試しながら切ったり貼ったり。
 

 
 
パッチワーク状に貼っていくピースも、その場で丸鋸でザクザクと切り出していきます。 
 
 
 
新緑まぶしい5月、木陰の下が涼しくて気持ちが良いです。
 
 
脚に埋め込むダボも小国杉の端材を使って、その場で製造。
 
 
無事できました。かわいい!とってもかわいいです。
 
 
 
翌日には、同じ温泉街の中で開催された【足湯カフェ】に、作りたてのテーブルで出店してみました。 




Public+チームは、大分のレモンスカッシュを販売。おいしかったです。


色とりどりのテーブル、はカフェやマルシェなどの風景に とても似合って、素敵なテーブルですねというお声もたくさんいただきました。


初開催、成功を祝して関係者で乾杯。おつかれさまでした!これからどんな形で次につなげていくか、発展が楽しみです。